Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://suyoko.blog94.fc2.com/tb.php/19-3ff9eada
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

SAORI NY の紹介

アメリカ在住20年の 佐藤根さんが

NYのテロの後、一大決心をして

SAORI織の教室 in NJ
LOOP OF THE LOOM(ループ・オブ・ザ・ルーム)
というのをはじめました。
 
この不況にもかかわらずマンハッタンの中に素敵な場所を見つけて

昨年10月にNYに店を移転したところ!!

アメリカNYでのSAORIが感動的にブログに

書かれています!!是非見てくださいね。

以下、12月のブログから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここ2週間ほどの間に起った、とってもいい話です。

昨年、病院の難病の子供たちへ、と
ある方が織り機の寄贈を名乗り出てくださいました。
たくさんの人を介したので、時間が掛かってしまい
病院に届いたのは今年の秋になってから。

間を取り持ってくれた病院関係者から
「2日前からXP患者の女の子が織り始めたらしい!」
と、SAORIプロジェクトがスタートしたことをスタジオに報告に来てくれました。

(XPとは、「ライオンのうた」というドラマの主人公も患っていた紫外線により癌細胞が増える病気。太陽の光に当たれず、過敏であれば皮膚がただれたようになる。)

女の子に連れ添った指導員は、チャイルドライフと呼ばれるスペシャリストで
闘病中の子供とその家族をサポートするのが仕事です。
その指導員からのEメールを私に読んでくれました。

それは指導員の感動が伝わる内容でした。
3日間、織り機に向っている女の子(全盲)の傍で、静かに見守り
彼女の喜びを共に感じたことだと思います。

We just finished her piece and it came out beautiful!!! She was so proud of herself and her mom looked teary eyed when I brought it back up as she wanted to give it to her mom to keep.  She picked it up super naturally today and I was so proud of her and wanted to share. Thanks for teaching me this beautiful way to express oneself and to share it with our patients and families...it truly is life changing!!!
(訳:作り終えた彼女の作品は、美しく出来上がっていました。
彼女は、得意気で、今日は、とても自然に出来た様子でした。
織を手渡すと母親は、涙ぐんでしまいました。
私は、この場にいる事をうれしく思いました。
「この織を教えてくれて本当にありがとう。自分を表現できて、家族に喜びが伝わったわ!ほんとうに、人生が変わったみたい。」



さらにこの後も 女の子の希望で手織りセッションが3日連続行われ、手織りが好きになった彼女を見て、家族が将来のために織り機を欲しいと相談してこられたそうです。
この子が将来できること。自立するにはなにができるのか・・・。そうは言っても高額です。
チャイルドライフのスタッフは何とかしてあげようと寄付をあたりはじめました。

中南米から治療に来た家族のお父さんの稼ぎはとても低く、すぐに買えるものではありません。そこで女性はある方にメールし、スポンサーになってもらえないか、嘆願してみました。
プライバシーに関わる内容は--で置き換えました。

I wanted to share a story with you about an beautiful -- year old girl that I have had the blessing of knowing these past two weeks. She is from -- and is severely allergic to the sun. She has a condition known as xeroderma pigmentosa. She is blind and one of the sweetest young ladies that I have ever met and her giggles are contagious.

We have introduced her to a weaving loom. The hospital has received a loom to teach the patients SAORI weaving. It is a Japanese form of weaving where free flowing thoughts come and there are no mistakes. It is made for children with all kinds of abilities and disabilities and is life changing. She picked up this skill immediately and enjoyed it very much. Her nurses were amazed that she could make such a beautiful piece without being able to see.

She made the first weaving piece for her mother. She was discharged today and is going to remain in the US to receive palliative care. Her uncle asked us this evening where they could find a loom. We know that the family couldn't afford such a gift. Her father makes $26 a week to support his family and one of her brother's has the same condition. Is there anyway that you can help us to provide a loom for her so that she can continue to leave her legacy behind through her tapestries?
(訳: あたなに伝えたい事があります。ここ2週間ほどの間に起った、とってもいい話です。この美しい**才の少女は**出身です。太陽に対してアレルギーがありXP呼ばれています。視覚障害があり今まで会った中で最も若く、クスクスよく笑う子です。
私たちは彼女に織を手ほどきする事にしました。病院は、織機を受け入れてくれました。SAORIは、自由な気持ちでなんでも表現できる日本の新しい織です。間違いという概念がありません。それはどんな障害のある子どもも挑戦できる事が出来、この織に出会い運命が変わった人も沢山いるそうです。彼女はこの織をすぐにマスターし楽しんで取り組みました。彼女を担当した看護婦は、周りの手を借りずに彼女が自分の力で素晴らしい作品を作り上げた事を驚きました。

彼女は母親のために織を織りはじめましたが、彼女は今日退院することになり、介護を受けられるこのアメリカに残るつもりです。その晩、彼女のおじは、私たちにどこでこの織機が買えるのか聞いてきました。この家族に余裕がないことは、判っています。彼女の父親は、家族のために1週当たり26ドル稼いできます。また、彼女の兄弟の1人も同じような稼ぎです。彼女の生きた証であるタペストリーを創り続けることが出来る様に、彼女に織機を供給する方法はないかと言うことです。


すぐにどなたかがスポンサーとなってくれたそうです。
織った本人だけでなく、周りをも動かすことができた。
それがSAORIの不思議な力。
この少女のお母さんも、支えるため、一緒にSAORIを学びたいといってくださいました。
日本でもそういった親子がたくさんいらっしゃいます。
本を出版されたり、作品展をやったり、販路を見つけて作品を販売されたり。
こちらでもそういったことで将来に希望が生まれ、生活を支えれるようになればいいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://suyoko.blog94.fc2.com/tb.php/19-3ff9eada
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

すーさんさんさん

Author:すーさんさんさん
玉造在住歴20年
わたくし伊藤すーさんが
大阪の下町エリアの小さな木造りのスペースで
ベンガラ染めと織りと音楽活動しています。
自分で自分の大切な素材や色を創れるって
とても豊かでありがたいことです。
物を大切に素敵に創ってリサイクルして
未来に豊かな地球を残して行きたいと思います!
ローカル&グローバル
つながる楽しみいっぱいのアトリエSUYOです!!!!

大阪市東成区東小橋1-2-16
電話FAX 06-6972-5855

一般教室は、木、金、土曜(要予約)
見学OKです
出張講習会、SKYPE講習

http://www.geocities.jp/suyoko217/
2008/8月以前のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/suyo2005/

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。