Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンガラ講習会 in 小豆島 その2 

ベンガラ染め講習会 in 小豆島 その2
小豆島のフェリー乗り場、坂手港から車で約15分。島の海岸沿いを西向きに走り今回の講習会の会場、
オリーブ公園ミロス館に到着。
ミロス館

海岸から山手に向かって、斜面沿いにオリーブの木が植えられて、その他にもハーブ園や、宿泊施設、温泉、ショップや飲食店が入った施設が建てられていて、ギリシャ調というか、全体的に白色で統一されていた。

 会場にはもう講習会を受けられる方、2名が到着されていた。この御二方が今回の講習会、中心となって呼びかけをしていただいたOさんとYさん。(ありがとうございました!)30分後にはスタートということで、急いで会場準備。今回染め素材のバリエーションを増やしたので並べるのも大変。そして作品も持ってきていたので、展示もする。
開始10分前にはほぼ全員揃っていて(素晴らしい!)、こちらはまだてんてこまい。とりあえず展示は講習会前半にささっとするという感じで、講習会をスタート。
講習会1

 参加者は11名の小豆島美人の方々。午前の部はベンガラ染めベーシック講座。技法うんぬん抜きにして、シンプルに思い思いにそめていただいた。皆様創作意欲が素晴らしく、次々と作品が出来上がってくる。
草木染めやオリーブ染め(!)をされた事がある方が何人かいらっしゃったので要領が近いのか、皆様こつを掴むのが早いように思われた。さすがです!
2時間もあっという間にすぎてお昼に。第一部は12:00に終了。
大田さん
まみさん小豆島
RIMG0110.jpg

そして(お待ちかねの)お昼ご飯へ。坂手港からオリーブ公園へ向かう間にも結構看板を見たが、小豆島はオリーブ、醤油、うどん、そうめんが有名の様。特に醤油会社はかつては400も小豆島にあったそう。すごい!
 お昼ご飯は、うどんを食べに「三太郎」うどんへ。坂手港とオリーブ公園のちょうど中間あたり、草壁港付近にあった。ざっくりとした造りの建物は地元の人々、観光客、家族連れも気軽に入れそうな構え。有名人も結構こられた様子。うどんを注文。私は釜揚げうどんを戴いた。絶品でした。
 昼食後、偶然見つけたオリーブ染め工房の「木の実」さんに押しかけ、少しお話させていただいた。今の時期は製作期間中らしく体験はお休みされていた。
 その後、オリーブ公園に戻り、昼の部、14時まで少し時間があったのでお土産屋を散策。先ほど伺ったオリーブ染め工房「木の実」さんの作品コーナーもあった。素晴らしい色使い。
 14時前にはまた講習者が集まってこられた。昼からも11名。板締め絞りを中心にした。
 そして、特別企画でオリーブ公園の奥の土を少し使わせていただき、小豆島の土で染めてみた。
小豆島の土をまぜる
小豆島の土染め
オリーブ染め


 オリーブの身のような色、、。これもまた素晴らしい色。泥染めの本領発揮ですね。昼の部もあっという間に過ぎ、小豆島講習会終了。受けられた方々の染めている時の笑顔素晴らしかった。また、どんな柄にしようかと真剣に考える意気込みなど、すごく伝わりました。刺激をいただきました。
講習会2
講習会3
講習会4
講習会5

 17時前には講習会も終了。片付けをして、その後は講習会にきてくださったSさん(ありがとうございました!)の御自宅にて夕食会(打ち上げ)。海が見える高台に家があり、素晴らしい景色でした。


 今回お世話になったすべての方々に感謝です。ベンガラ染めと織りと。自分の手で物作りができる喜びをこれからも発信し、共有し続けていきたいと、再確認した講習会でした。 ありがとうございました!
打ち上げ 塩本邸
小豆島ビュー


スポンサーサイト

ベンガラ講習会 in 小豆島

ベンガラ染め講習会 in 小豆島 その1  6/22(土)

心配していた台風も20日(木)と21日(金)が近畿ではピークだったらしく、出発前日の天気予報では土曜日は曇り、日曜日は晴れの予報だった。
今回の講習会は10年程前、小豆島で定期的にさをり織りの出張教室をしていた時の生徒さんを中心に、三ヶ月程前から現地でお声がけしていただき実現した。
 朝4時45分。アトリエSUYOに小渕さん【ナカジマ(株)】が車で到着。そしてもう一人。カナダはモントリオールから吉田真美さん(実はこてこての大阪人。先日のアトリエSUYOでのベンガラ染め講習会を受けていただいている。今回の小豆島での講習会も受けていただいた。)前日までに準備しておいた荷物を積み込み、6時00分神戸発三ノ宮発のフェリーに向け、一同車で向かった。到着予定は5時30分。 朝早いので車も少なくすいすいと行けた。車中はマミさんの憑畏芸のネタが炸裂。朝五時から大盛り上がりで車中は小さな劇場と化していた。
明石海峡大橋



 予定より少し早くフェリー乗り場に到着、車を所定のレーンに置き受付へ。土日ともあって、学生さんや家族連れ、カップルや自転車ツーリングをする格好の人達など、小豆島へ遊びに行く人達が結構いた。受付を済ませ、車に戻り、船の後部から順に入船。車を係員さんの指示にしたがい止めて、必要最低限の荷物を持って客室へ。小豆島への航海時間は3時間。快適に過ごせる様に客室も雑魚寝ができる和室の部屋。談話ができるラウンジルーム。リクライニングチェアーが並んで、本を読んだり海を眺める部屋。女性専用部屋。お土産屋。軽食屋。ゲームルーム。っと、結構な部屋があった。私たち4人は荷物を和室部屋に置き、談話室で講習会の打ち合わせを、、、、するはずだったが、結局、漫談ルームになってしまった。(この時血液型の話になり、今回のこの4人。O型とB型とAB型の集まりで、一人もまじめな人(まともな人)がいないと気がついた。)
ピカチュウ


 9時10分。予定通り小豆島へ到着。車をおいていた所の前方の壁が開き、小豆島へ上陸。目の前は濃い緑の山。後ろは淡い灰色の空と重なる海。景色は遠いが、肌と、吸い込む空気で’’それ’’を感じることができる。
 すぐにでも辺りを散策したい気持ちに駆られる。しかし、予定は分刻み。45分後には講習会を始める。気持ちを切り替え、地図で講習会の場所を確認。一同オリーブ公園へと向かう。  つづく。

卒業生

大雨の中でしたが、みなさん来てくださりいつもの木曜教室〜
しかし、いつもと違うのは・・・・
今日の教室で服部裕子さんとお別れとなりました。
昨年末、オーストラリア・ブリスベンより帰国、
アトリエにインターンシップ(スタッフ←→織講習受講)
に来て下さっていました。
楽しく織る才能いっぱいの裕子さん。
一緒にイギリスツアーにも同行、すっかり家族のようにしておりました。
今週は、最後の追い込みで 8枚そうこうの織で袋織と八の字織を仕上げました。
裕子さん八の字織

多才で多彩な(色彩感覚)才能とと語学力も持ち合わせた彼女〜

ブリスベンにこれから根をおろして行く決意を語って
素敵に輝いて出発していかれました〜

みんなで名残惜しんで・・・
雨の中、傘をさして立ち話も長引いて・・・

裕子さん
ほんとうに いろいろ ありがとう!!

いつでも帰ってきてね!
今日の教室


イギリスツアー Vol.2

ダーティングトンホールで行われたバスケタリービヨンドフェスティバル2013

5月18.19 日ワークショップ会場で
ベンガラ染めのワークショップ by原田豊美&伊藤寿佳子
BW外テーブル干し

BW作業中
BW作業中2BWS出来た!
BWS出来た作品みんなで

少しの水で匂いもなくナチュラルなベンガラ染め、あっと言う間に出来て皆さんびっくり。
ドロップイン式、親子で3回も挑戦した家族ありました。
後半は、布が無くなり和紙で染めました。 

織デモンストレーション
WWS前から
WWS風呂橋さん亀井さん
WWS出来上がり上から
最後のパレードで服部裕子さんが衣装にしました。
パレード参加準備裕子さん
パレードエンジェルパレード団体パレード バスケタリードレス女性


バスケタリーブースとワークショップがいっぱい。
どれも素材を生かして素敵でした。
バスケタリー販売
バスケタリー材料バスケタリー実演

バスケタリーの棺桶〜
バスケタリーの棺桶

ツアー参加の中山さん、永田さん  ワークショップで
バスケタリーWSで作りました 中山・永田


私たちのJapanese Friend ブース
自分たちのアートワークと眠っていた着物を販売。
折り紙コーナーでは、折り方を手ほどき。
娘は、この2日間で自分の英語コミュニケーション力を発見。
折り紙ハルカ

ダーティングトンでは お散歩も一杯して
お食事も美味しかったです

(続く)

イギリスツアー2013年5月17〜25日

 報告 Vol.1
イギリス南西デボン州の小さな街とロンドンを10名で旅してきました。
南デボンは、昔から、観光、保養地として知られ、英国人が一度は住んでみたいと憧れる、美しい場所。
最近は、トランジション・タウンの発祥の地として注目をあびています。

その街に住んだことのある岡山A&Cビレッジの原田さん
現地の作家・翻訳家の津野志摩子さんにコーディネートしていただき
イギリスのアーティストと交流するとっておきの1週間となりました。

イギリスの田舎は古い建物をとっても綺麗に磨いて住居にして、
お庭と景色と人が共存出来て、
お年寄りも品があって生き生き過ごしていました。
あーー東成区もこんな街になったらいいなあ〜

アトリエSUYO木曜日クラス4名 と 大学3年生の私の娘と私は、
関空より大韓航空機で5月17日金曜日朝9時出発。
韓国インチョン空港で 岡山のA&Cビレッジの3名と合流〜
イギリス、ヒースロー空港同日夕方5時到着。
先にロンドンに到着していた服部裕子さんと合流。
(裕子さんは、オーストラリア在住でただいま一時帰国中。
アトリエにインターンシップでお手伝いいただいている
スタッフです。6月末にもうオーストラリアに帰ってしまう前に
私たちの旅にご同行いただきました。)

一気にマイクロバスで南に5時間
夜 5月なのにとても冷え込んでいてビックリのデボン州Dartington到着〜
宿泊先は、Dartington学生寮シングルルームで休みました。

ダーティングトンホール朝
花
朝食


 
18 土 
Basketry and Beyond Festival 会場で展示物搬入と ワークショップの準備。
旗
会場竹の花
JFブース展示伊藤


ブース展示部屋
JF展示あすく作品
    

Appendix

プロフィール

すーさんさんさん

Author:すーさんさんさん
玉造在住歴20年
わたくし伊藤すーさんが
大阪の下町エリアの小さな木造りのスペースで
ベンガラ染めと織りと音楽活動しています。
自分で自分の大切な素材や色を創れるって
とても豊かでありがたいことです。
物を大切に素敵に創ってリサイクルして
未来に豊かな地球を残して行きたいと思います!
ローカル&グローバル
つながる楽しみいっぱいのアトリエSUYOです!!!!

大阪市東成区東小橋1-2-16
電話FAX 06-6972-5855

一般教室は、木、金、土曜(要予約)
見学OKです
出張講習会、SKYPE講習

http://www.geocities.jp/suyoko217/
2008/8月以前のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/suyo2005/

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。