Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンガラ染め講習しました

いい御天気でした!!

2か月に1度のベンガラ染め講習会に

今回は、5名のウイーバーの皆さんが集まり

ナカジマ㈱の小渕 裕さんによる講習会を行いました。

PIC_1595.jpgPIC_1593.jpgPIC_1592_20110328001252.jpg



そもそもベンガラ染めは、古くから各地でもともとあったもので、

オーストラリアのエアーズロックなどの赤い粘土質の鉄分の多い土(鉱物)で染める

泥染めのことです。京都のベンガラ格子とか聞いたことありますよね!!

あれは、木の格子に赤土泥を塗りこんだものだそうです。

防虫や紫外線予防効果にもなり、おもに建築塗料として使用されていました。

繊維には染まりにくく 手間暇かかったものでしたが

ナカジマ㈱さんが開発された 新しいベンガラ染め「古色の美」は

水に薄めて繊維を染められて 定着したら落ちにくく 天然成分で出来ているので

体にも優しく素手で大丈夫、もちろん排水で環境汚染の心配ないという

優れモノです。

私は、この染めに惚れこんだ理由は、ここです!!

色は青系以外の暖色系18色。 

かなり雅な中間色で渋い綺麗な色です!!

繊維の中に、泥の粒子が入り込んで染まるので

染め液の中で生地をゆすれば揺する程

液が透明になってゆきます。

ほんとに無駄がなくて嬉しくなります。

PIC_1601.jpg

赤土は、食材のこんにゃくの中にも入れて食べても大丈夫な安全な素材です。(近江コンニャク)

今回は、手拭い生地と風呂敷生地に「板染め」をしました!!

最初に見せていただいた U社の浴衣地になった柄がとても素敵でした!

それをめざして、それぞれ創造性を発揮!!

生地を屏風折。好きな板型を上下から挟んで締め付けます。

この段階 おもちゃ創りみたいです!!

PIC_1597_20110328002015.jpgPIC_1598.jpgPIC_1599.jpgPIC_1604.jpgPIC_1605.jpg

染めたい色かげんをバケツの中でつくり、

型を付けた布を一度水に浸してから染め液にいれて

揺すったり液をかけたり数分間。

PIC_1611.jpg PIC_1612.jpg



縦糸を整経したのも それぞれ好きな色に!!

PIC_1616.jpg  PIC_1617.jpg


みんなハマりました!!

型をはずして広げては、歓声をあげてしまいました!!

この自然の色は、なんて素敵なんでしょうか!!

麻が一番染まりやすいそうです!

次回は、これにも挑戦したいです。

うちでの講習は、さをり織作家さんがほとんどですので

織り糸を染めてから柿渋染めをしようと思います。

ちなみに次回は、6月 弟3週目の土曜日予定です!


お知らせ!!

一緒に染めをした 石井きよこさんが

織のショールを紹介するHPを創ってくださいました!

ベンガラのも出しています!

ここクリックしてください



スポンサーサイト

カンボジアでSAORIスタート

あーっと言う間に 

先日、栗本さんとの出会いを報告してからすぐに

ある東京のSという団体に助成金申請をしてOKをいただきました。

SAORI織本部企画「さをり国際ボランティア大学」に、

カンボジアからの研修生を受け入れることができました。

1カ月のさをり研習を受けていただいたクンティさんは、

プノンペンの大学を卒業した英語と日本語も堪能な25歳の女性です。

カンボジアこどもの家』(代表:栗本英世氏)は、
学校の無い村への「寺子屋」新設やエイズ孤児、
ストリートチルドレンのお世話など カンボジアの人達の『自立支援』のお手伝いを15年以上に渡って活動されています。

2008年映画「闇のこども達」(監督:阪本順治)のモデルとなったNGOです。

「支援とお金はもう要らないです。自立できる仕事が欲しいです」という栗本氏の声に動かされました。

中津の教室でのさをり研修は、毎日、沢山の生徒さんとスタッフが

クンティさんを指導 楽しい毎日だった様子です。

都会のホテル暮らしも彼女にとって初めての冒険でした。

週末に、大阪のフェアトレードのお店に市場調査に出かけたり

カラオケにも出かけたり、我が家の夕食にもお呼びして

すっかり仲良くなりました!!

栗本さん曰く 25歳は、カンボジア女性としては、売れ残り??!

日本人の旦那さまを探して帰りたかった!!?とか!!

3月末にカンボジアに帰国。

6月よりさをり織を体験できるゲストハウスとレストラン経営が始まります。

場所は、メコン河沿いのクラッチェという町で、乾期には、河イルカウオッチングができる

観光人気スポットです。

近い将来は、寺子屋卒業者のための職業訓練校の仕事にもつなげていく計画です。

東北地方の地震でこころ痛む時でしたが、

最後の日のささやかな クンティさんのさよならパーティは、

カンボジア料理とキンキ雑楽団とクンティさんのカンボジアの歌で別れを惜しみました。

大正時代の日本を思い出させるカンボジアという国と、

これから末永くつながる下地ができました。

カンボジアこどもの家を訪ねる スタデイツアー があります!!

人数は、1名以上集まれば いつでも受け入れOKです。

乾期の 11月~3月に

みなさんカンボジアに行きましょう!!

アトリエSUYOの織り機が1台 カンボジアにお嫁に行きました!



アトリエSUYO 伊藤寿佳子

Appendix

プロフィール

すーさんさんさん

Author:すーさんさんさん
玉造在住歴20年
わたくし伊藤すーさんが
大阪の下町エリアの小さな木造りのスペースで
ベンガラ染めと織りと音楽活動しています。
自分で自分の大切な素材や色を創れるって
とても豊かでありがたいことです。
物を大切に素敵に創ってリサイクルして
未来に豊かな地球を残して行きたいと思います!
ローカル&グローバル
つながる楽しみいっぱいのアトリエSUYOです!!!!

大阪市東成区東小橋1-2-16
電話FAX 06-6972-5855

一般教室は、木、金、土曜(要予約)
見学OKです
出張講習会、SKYPE講習

http://www.geocities.jp/suyoko217/
2008/8月以前のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/suyo2005/

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。